クックチルってどんなもの?


◆英語でCook(調理)+Chill(冷やす)ことから、HACCPに沿った衛生管理で、食品を加熱調理で殺菌し、急速冷却することで科学的に安全を保証する調理システムです。 冷却では調理後90 分以内に3 °Cまで冷却、冷凍では240 分以内に-18 °Cまで下げることが必要です。 加熱や冷却の管理がいい加減では安全が保証できないので、注意が必要です。

従来の提供方法と違い、一日3食分の下処理や加熱を同時に行うので作業がまとまって効率が良くなり、安全な食事を提供できる半面、クックチル用のレシピに調整したり厳しい温度管理が必要になってきます。 HACCP管理に対応できるスチコン、ブラストチラーを服部工業でもご用意しております。

◆また服部工業のグループ会社である、株式会社アーテックではクックチルを活用した「岡崎クックチルセンター」を運営し、日々1,000食近い食材をつくり、実際のクックチルノウハウを蓄積しております。クックチルセンターの見学やセミナーの依頼、ご相談等受け付けておりますので、お気軽に0120-181-249までお気軽にご連絡ください。