ガス・蒸気・電気回転釜どう違うの?


◆回転釜は外構と内釜からできていて、2つ間には空間があります。そこにはガス式ではバーナーが有り、蒸気式では外部ボイラーからの蒸気が充満し、電気式ではヒーターが内釜をらせん状に巻いています。

◆ガス回転釜は火力の強さが魅力ですが、火加減の調整などにはコツが要ります。ガスの燃焼温度(700 °C~1200 °C)を最大限に生かし、茹で物、煮物、蒸し物、炒め物、揚げ物と幅広い調理に対応出来る万能性を持っています

◆蒸気回転釜は釜全体を蒸気でやわらかに加熱するため、熱の伝導効率が良く、焦げ付きにくく、ガス回転釜以上の大量調理にも適していますが、最高温度が約130 °Cと炒め物にはあまり向いていません。また外部にボイラー設備が必要となります。

◆電気回転釜は加熱の微調整が可能で、排気熱もないため快適な厨房環境を実現できます。

厨房の環境や状況、調理人数によっておすすめモデル・サイズやオプションがありますので、お気軽に0120-181-249または「お問い合わせ」までご連絡ください。