鍋の材質別特徴と使い方について


●鍋の材質別特徴と使い方●
なべは材質によりその使用方法や手入れの方法が異なります。色々な調味料や食品を使用して調理するときに、なべの特徴を知り、取り扱いに注意することは、なべの耐久性を高めるだけでなく、調理を正しく行う上にも大切なことです。

 

材 質 特   徴 扱 い 方
アルミニウム ・軽くて熱伝導が良い
・200℃で軟化し、600℃で溶解する
・酸、アルカリ、塩分により分解されやすい
・酸のものや多量の塩漬けには使用しない
・煮た物(汁ごと)を長く入れておかない
・焦げ付き、空焚きを避ける
アルマイト ・アルミの表面をしゅう酸や硫酸で処理し、人工的に酸化皮膜を作る
・耐食性大
・粒の粗い磨き粉や金属たわしで磨かない
・焦げ付き、空焚きを避ける
・重くて熱伝導が良い
・錆は油の染み込みにより防ぐことができる
・フライパン、中華なべ、すき焼きなべに適する
・煮物などを使用した場合、よく洗い乾燥させて油を塗っておく
・洗剤などを使用する洗浄はなるべく避ける
ステンレス ・一般に錆にくいが、熱伝導は悪く、焦げ付きやすい
・耐食性は優れている
・高価である
・使用後はただちに洗浄し水気を取っておく
・洗浄には金属たわしを使用しない
ステンレス
クラッド
・ステンレス材で鋼板をはさんだ板材なので、表面は耐食性をもち、熱伝導性も良い。 ・使用後はただちに洗浄し水気を取っておく
・洗浄には金属たわしを使用しない
・先端の鋭いもので表面を傷つけない
フッ素樹脂加工
(テフロン)
・アルミ厚材のフライパンなどの内面にフッ素樹脂を塗布
・耐熱温度は250℃
・油なしでも食材が付着しない
・使用後は充分洗い乾かしておく
・洗浄には金属たわしを使用しない