セラチア菌とは?


最近問題になってる腸内菌で、MRSAと同じくどこにでも潜み、大腸菌のように人の腸内にいる細菌の一種で、あざやかな赤い色をしています。
水や土中など自然界に広く分布しています。病原性は弱く、健康な人が菌をもっていても害を生じませんが、抵抗力の無い高齢者や癌の化学療法患者、免疫抑制剤を使用している患者では、日和見感染し、肺炎・敗血症などを起こして死亡することがあります。
このセラチア菌は、特に水周りを好み、シンク、石鹸、消毒液にも生息するので特に注意が必要です。また抗生物質にも耐性を示します。セラチア菌同定にはDNA解析により、どの菌株か知ることが可能で、感染ルートを知る有力な方法になります。検査は血液・痰・爪・蓐瘡部位から実施し、器具などは正規の拭き取り検査にて実施します。予防には、施設の清掃や消毒を徹底することです。

セラチア菌Q&A
Q1)健康な人も血液に菌が入ると発病するの?
A1)健康な方では発病する事はほとんどありません。たとえば、歯科治療を受けて歯を抜いた時には、抜歯したところから細菌が血液に入る事があります。この場合を『菌血症』と言い、あくまでも一時的な疾病です。重症の感染症である『敗血症』となるのは、抵抗力の極度に弱くなった方に限られます。

Q2)セラチア菌に感染したら、どうなりますか?
A2)セラチア菌の感染者となる方は、抵抗力の極度に弱った方に限られます。セラチア感染によって発病した場合は、具体的にはセラチア菌による肺炎、尿路感染、敗血症、心内膜炎などの病気を発病します。感染した場合でも、有効な抗生物質があります。

Q3)セラチアに感染するのは、どんな場合?
A3)セラチア菌は、健康な人に菌がついても発病することはありません。極度に抵抗力の弱った方については感染する可能性があります。感染の原因はほとんどが接触感染であり、空気感染することは、ありません。