エルシニア・エンテロコリチカとは?


【特徴】
エルシニア・エンテロコリチカは、豚、犬、猫などの腸管や自然環境中にいる細菌です。
したがって、動物の糞などによる汚染で食肉(特に豚肉)、飲料水などが原因となります。この細菌は0~4℃でも発育できる低温細菌で、冷蔵庫内の食品中でも増殖し、食中毒を起こします。本菌は腸内細菌科に属するグラム陰性の桿菌で、芽胞は作らない。この菌はペストの原因となるペスト菌(Y.pestis)の仲間で、本来人畜共通伝染病菌ですが、昭和47年静岡県下の小学校等の給食により2件の集団食中毒の発生以来、にわかに注目されるようになりました。多くの菌株は周毛性の鞭毛を持ち、20~30℃培養では運動性を示しますが、37℃培養では運動性を示しません。発育最適温度は25~30℃ですが、5℃以下の低温、特に0℃でも増殖するものもあります。芽胞は作らず、65℃以上の加熱で死滅します。

【症状】
潜伏期間は5~7日幼児では発熱、腹痛、水様性下痢、嘔吐など急性胃腸炎症状、年長児、成人では他に、発疹(猩紅熱様発疹、結節性紅斑)、関節炎症状などがあり、時に虫垂炎様症状回盲部痛を伴う場合があります。

【予防法】
ヒトへの感染源としては、食肉、ミルクおよびペット動物が注目され、そのうち食肉を介する感染が最も重要とされています。
4℃以下での増殖が可能な菌のため、低温保存がエルシニア食中毒防止の有効手段ではありません。加熱できるものは必ず加熱し、食肉・ミルク等の低温での長期保存は避け、短期間で使い切るようにしましょう。