セレウス菌とは?


【特徴】
セレウス菌は、土壌細菌のひとつで、土壌・水・ほこり等自然環境に広く分布し、農作物等を濃厚に汚染しています。
この細菌は、食品中で増殖するとエンテロトキシンをはじめ、いくつかの異なる毒素を作ります。従って、この菌による食中毒は、この毒素の違いにより、「下痢型」と「おう吐型」の2つのタイプに分類されます。日本では、後者の「おう吐型」が殆どで、米飯、焼き飯によるものが圧倒的に多く、全体の73%を占めています。
また、食品中では芽胞を作って生存するため、熱に抵抗性があり、100℃27~31分間(米飯中では、22~36分)の加熱を必要とします。増殖する至適温度は28~35℃です。

【症状】
「下痢型」と「おう吐型」の2つのタイプにより症状は異なります。
●「下痢型」
潜伏期間 8~16時間
腹痛・下痢などを起こす。(症状はウエルシュ菌に似ている)
●「おう吐型」
潜伏期間 1~5時間
吐き気、おう吐、腹痛を起こす。(症状は黄色ブドウ球菌に似ている)

【予防法】
1.一度に大量の米飯やめん類を調理し、作り置きしないこと。
2.穀類等が原料の食品は、調理後保温庫で保温するか、小分けして速やかに低温保存(10℃以下)すること。